D'eiz OFFICIAL WEB SITE

愚直

-INNOCENCE-


12ヶ月連続リリース第3弾

 


今回はちょっと長いぞ

 

ただ単に連続でリリースするだけじゃなくて12部作、12枚で一つの物語、世界観を演出することを常に考えてた

 

最初に2枚は物語で言う所のツカミ

 


12の日常、12の場面、12の感情

 


前半6枚は敢えてそれぞれ全く違うタッチで


後半6枚で伏線や整合性を調整しながらクライマックス!!って流れを想定した

 

補足だけど6.7枚目からは徐々に「負」の方向に堕ちていく方向転換の途中

 

楽曲はそれでよかったけど、歌詞に関してはこっちの考えが全て伝わってるわけではなく


良い悪いじゃなくて、彼にも表現したい言葉はあったとは思うけど、すでにこの頃から互いにストレスになってたとは思う

 

というわけで元々この曲と次作の【Link】はほぼ同時に創ったふたご曲

 

INNOCENCEのコンセプトはオリエンタルな宗教感を元にした乾いて霞んだ砂漠の風景


それの対としてLinkはゴシックな宗教感を元にした厳粛で冷たい大聖堂の風景

 

後述するけどLinkに関してはシンセのミックスアレンジやポップな歌詞で全然違う方向に行ってしまった(笑)
あれはあれでよかったから結果的にはよしとした

 

オリエンタルな空気を表現するため色んな宗教音楽関連の音階から勉強し直した。
締め切りが迫ってて付け焼刃にしかならなかったけど最低限の雰囲気は創れたと思う


なんか湿ったアラビアンナイトみたいになったけど(笑)

 

LOW様の協力を得て色んな打楽器もあちこちに散りばめた。


実はケチャまで入ってる

 

ギターは敢えて年代物のJC800に漢の直結。誤魔化し無し

 

色々詰め込んだのをエンジニアさんの神業で絶妙にまとめてもらった物を初めて聞いた時はここ数年で一番感動した(笑)


是非いいスピーカーで大音量で聞いて欲しい曲

 


音にこだわった分、構成はシンプルに。
けどうちの楽曲はそういう曲の方が多い気がする。


ベースソロはあれっぽくして欲しいと言ったらあれっぽくしてくれた。幹帝優秀

 

個人的にはもうこの頃はLIVEでの再現なんて全く考えてなかった(笑)
好き嫌いは置いといて、どこに出しても恥ずかしくないクオリティーばっかり追いかけてた気がする
もちろんそれだけじゃダメな事は重々承知だったけど、中々うまく融合しないバンド内調和を見切ってそこにすがってたんだと思う
今となっても少ない選択肢の中でベストとは言えないけどベターではあったと思える。それくらいの状況

 

色々書きためてたけど年内に全作品レビューは終わらなさそうです。
超個人的見解なので記憶違いや勘違いもあるかもですが最後までお付き合いいただけたら

 

それでは良いお年を。


2011-12-31 10:34:51投稿者 : akira